読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人とか機械とか

デジタルガジェットやコンピュータについてのブログです。

彼らは汚れなく美しい人間だと勘違いしているんじゃないか

所感と思想 社会

ザ・コーヴ
シーシェパードと捕鯨
アグネス・チャン
非実在青少年


捕鯨、イルカ漁、非実在青少年、児童ポルノなどの問題について共通して思うのは、「正義」の要求される立場の人間らは、そういった、「キレイゴトじゃないけど必要なもの」というような物を認められない立場にあると思う。

シーシェパード支持者リストを見ると、生活に不自由していないような人間ばかりである。そりゃあ、あんな船を作って激突させたりするくらいで、その資金源ですから。自分の手を汚さず「キレイ」に暮らしていれば、そういう思想にもなるのだろうか。


大人っていうのは、自分の置かれた理不尽な立場への憤りとか、あいつを殺したい葛藤とか、誰にも言えない異常な性癖とか、そういったものを自分の中で気持ちに整理をつけて、なんとか善良な市民として暮らしている。
だからその、ドロドロした部分を中和・発散するものが重要で、その為にアンダーグラウンド・コンテンツが影で社会人を支えている。そういうったものを掘り出して浄化してしまったら、それを支えにしている人間は生きていけなくなってしまう。

麻薬とか兵器とかはさすがに人に迷惑がかかるからダメだと思うけど、人に迷惑をかけないコンテンツや行為の何が悪いのか。このコンテンツがどんな迷惑をかけたというのかはっきり因果関係を証明できていない。そして、「そんなコンテンツは浄化だ!」という事によって、迷惑を被る人がいるという因果関係は確実である。どちらが現実的・事実的か。

例えばある女性がオカズにされたとしても、本人がそれを知る由もないのだから全く迷惑をかけていないワケです。たった一人の脳の中で起こったことに過ぎません。そんなことよりも、親類間で起きている近親相姦を減らしたほうが、効果的じゃないでしょうか?物理的に実害が出ています。子どもの心に傷を残しています。

婚活関連の仕事に就いて一年数ヶ月、いたたまれなくなって辞めました
http://anond.hatelabo.jp/20100709180815

目的と手段を、見直したほうが良いと思います。
何がしたいのか。
その為にまず打つべきもっとも有効な手段は何なのかを。

歌舞伎町の浄化作戦って効果あったの?とか。

規制を強めると逆に犯罪に対するハードルが下がるという話
http://getnews.jp/archives/65297


醜くも法を守って生きている、そういう人を評価しない。それじゃ世の中やってらんないですよ。


世の中ホント理不尽だよね。不平等だよね。
でもそんな世の中でも、アタマを狂ったりせず
人や世の中のせいにせず
歩行者天国にクルマで突っ込んだりせず
それでも、まがりなりに、まっとうに生きてる。
すごいと思う。
尊敬します。


我々は、動物です。
いくら品位や尊厳を持としても、動物的本能は無くなっていません。
そこから目を逸らすことはできないのではないでしょうか。


我々は、他の動物を殺して、食っています。
牛や鶏を加工するシーンって、あまり映像として公開されていませんが、グロいです。ですがそれが現実です。その肉を食らって、我々は生きているのです。食卓に上がった料理はキレイに見えますが、工場でのその残虐行為があまり公にされていないだけです。でも、動物を殺して食わなきゃ生きていけません。その肉を食べて生きている人間を殺すことなんてできません。


生きてるのは キレイゴトじゃないです。
美しく生きていない物は、死ねというのですか。

キレイゴトしか言えない、認められない立場なのはわかります。
美しさを求めるのは別にいいです。思想の一つです。
でもそれを振りかざして、美しくないものを殺さないでください。
美しくないものを殺そうとするあなた方は、それで美しいと言えるのですか?

どうすれば、美しいものと美しくないものとが共存できる世界になるかを、考えませんか。



ロリコンについて

よく問題にされるのが


供給によって性癖が生まれるのか
性癖によって供給が生まれるのか


と言うことですが、両方あると思います。増加原因の比率はわかりません。
「AKBのおかげでロリコンに目覚めた」とか。「もともとロリコンで、AKBに食指を伸ばした」とか。
でも、どっちでもいいんじゃないですか。本人が幸せなんだから。手を出さなければ。


幸福と倫理

・戦場でしか幸せになれない人は、海外の紛争地域へ行って傭兵になったりする。
・殺人や麻薬でしか幸せになれない人は、残念ながらこっそりやるしかないです。捕まったら殺されますが。

これらは極端な例ですが。

政府が「幸福の形」をどこまで許容するか、それがマイノリティとしての見所だと思います。日本政府が幸福度について考え始めたようなので。ラブプラス結婚式だってあるワケでして、仮想キャラクターとの結婚を認めろという署名活動があったりします。故人との結婚を認めるとかもアリじゃないでしょうか。たとえば、初婚の相手が亡くなった後、一生再婚しなかった人も居ます。それは幸せだったからでしょう。

幸福度について考えることによって、何かしら新しい制度が出来るかもしれません。
場合によっては、その幸福を求めて海外から移住しに来る人も居るかも知れません。

「幸福の形」の押し売りは要りません。余計なお世話です。でも、政府の過去にやってきたこと、現在やっていることを見ると、美しくない幸せの形は、たとえ迷惑でなかろうとも許容しない、そのように評価せざるを得ません。

同性同士の結婚を認める国と、認めない国があります。

政治と知性

政治には詳しくないですが、政治を見てて感じるのは、だいの大人が500人も集まって国会やってる割には、あんまりアタマの良いことをやっていないなーと感じる。

やっぱ情に流されたり利害関係のせいで、どうしても知的じゃないことをやっちゃうのかな。

そこで、その、ニコニコでやってた、「社会企業家」なのかな。

週刊エコノミスト×ニコニコ生放送 「日本の未来を担う社会起業家たち ―「新しい公共」のその先へ」
http://live.nicovideo.jp/gate/lv19312637

「日本では、頭のいい人は政治家にならない」とか聞く。
官僚とかになるらしい。なんでだろ。そのほうが儲かるのかなあ。


ソフトバンク孫さんが「光の道」の話で、メタルは錆びるし管理費が掛かる。光にしたほうが管理費かからないし、安くなるじゃん。とか電子カルテにしたほうが医療費が何兆円も安くなる計算になるじゃん。とかアピールしてた。真偽はわからないけど。

日本にもそういうロビー活動が必要だと思う。
動機がカネ儲けだとしても、正義感だとしても、なんでもいいけど、なんか無駄が多い知性の無い政治が、少しでもマトモな方向へ進むならそれでいいと思う。だって、政治家になるような人よりも頭の良い人が考えることなんだから、よりよいモノなんじゃないの? それって。


「製造業のジレンマ」というのがある。価格競争で安くするのだが、安くすればするほど儲からなくなる。それと同じことを政治家の中で起こせばいいと思う。あ、でも、それだと誰もやらなくなっちゃうか。


ルルーシュじゃないけど、世の中を変えるためのアプローチは、色々あると思う。官僚になるとか、政治家になるとか、弁護士になるとか。アメリカを使って日本を動かす、とか。テクノロジーで変えるとか。革命とかテロ行為で変えるとか。それこそ、映画を作るとか。

第82回アカデミー賞受賞作「ザ・コーヴ」に関する大討論!
http://live.nicovideo.jp/gate/lv19060496
2010/06/21(月) 開場:19:50 開演:20:00